TOP

用語説明

大気汚染に係る環境基準や大気汚染物質の説明のページです。

大気汚染に係る環境基準

大気汚染常時監視システムで監視を行っている大気汚染物質の環境基準について説明しています。

二酸化硫黄 1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること。
二酸化窒素 1時間値の1日平均値が0.04ppm~0.06ppmまでのゾーン内、またはそれ以下であること。
一酸化炭素 1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること。
光化学オキシダント 1時間値が0.06ppm以下であること。
浮遊粒子状物質 1時間値の1日平均値が100μg/m3以下であり、かつ1時間値が200μg/m3以下であること。
微小粒子状物質 1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ1日平均値が35μg/m3以下であること。

大気汚染物質の説明

大気汚染常時監視システムで監視を行っている大気汚染物質について説明しています。

二酸化硫黄(SO2) 主に石油、石炭などのいおう分を含む燃料の燃焼により発生する物質です。また火山の噴火でも発生します。呼吸器官を刺激し、ぜんそくや気管支炎など呼吸器系疾患をひきおこします。
二酸化窒素(NO2) 物質が燃焼するときに発生する物質です。燃料中に含まれる窒素分の燃焼や、物質が高温で燃えるときに空気中の窒素と酸素が反応することで発生します。粘膜刺激性があり、呼吸気道や肺に対して毒性を示します。
一酸化炭素(CO) 炭素を含む物質が不完全燃焼したときに発生する無色無臭の気体です。皮膚・粘膜に対する刺激性はありませんが、体内組織への酸素供給を阻害し、中枢・末梢神経の麻痺を引き起こします。主に自動車の排出ガスに含まれています。
光化学オキシダント(Ox) 大気中にある窒素酸化物、炭化水素などが太陽からの紫外線により光化学反応を起こして生成される酸化性物質の総称です。光化学スモッグの原因とされており、粘膜を刺激して、目がチカチカする、のどが痛いなどの症状を引き起こします。
浮遊粒子状物質(SPM) 大気中に浮遊している粒子状物質のうち、粒径10μm以下のものを浮遊粒子状物質といいます。発生源には、物質の燃焼により発生するばいじんや自動車の排気ガス中のすすなど人為的なものや、土壌粒子など自然由来のものがあります。吸い込むと肺の中に沈着し、高濃度では呼吸器に悪影響を及ぼします。
微小粒子状物質(PM2.5) 大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm以下のものを微小粒子状物質といいます。発生源は、工場の煙や自動車排気ガス、自然由来の土壌粒子などのほか多岐にわたると考えられており、調査が進められています。浮遊粒子状物質よりも肺の奥深くまで入り込みやすいことから、人への健康影響が懸念されています。